寒天の効果効能!便秘解消、美肌、コレステロールに!ごはんと炊いて簡単摂取!

寒天

近年では健康ブームに火がついて、より一層、人々の美容と健康への意識が高まってきています。様々なスーパーフードが注目され話題になっていますが、そんな中、今一度注目していただきたい身近な食材があるのです。

それは寒天です!

ごはんと一緒に炊いてかさ増しすることでダイエットに効果があるだけでなく、便秘解消や美肌効果が期待でき、さらにはコレステロールを下げる効能があるという話しも!

そこで、今回は再注目必須の食材、『寒天の主な効果・効能と、便秘解消だけでなく、美肌効果やコレステロールに効くのは本当か?一日どれくらい食べるのが効果的なのか、ごはんに対してどのくらいの割合で炊くのがよいかなど、効率のよい寒天の食べ方』をご紹介します。

【スポンサーリンク】

寒天の主な効果・効能(便秘解消など)

お菓子などによく使われている寒天、原料は主に海藻の赤藻類、テングサやオゴノリです。

寒天は、その80%が食物繊維からなっており、様々な食材がある中で、最も食物繊維が豊富に含まれているといわれています。

動物性のもので作られているゼラチンと違い、子供や赤ちゃんでも安心して食べることができます。

食物繊維は、第6の栄養素とも言われ、5大栄養素と共に体に欠かせない栄養の一つとして知られています。

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維にわけられ、それぞれで期待できる効果が違います。寒天は水溶性食物繊維、不溶性食物繊維ともに豊富に含まれ、以下の効果全てが期待できます。

水溶性食物繊維の効果・効能

【腸内環境を整える】
水溶性食物繊維は、体に溜まった不要なものに吸着して排出する働きがあり、便秘解消に効果的です。善玉菌のエサとなるので、腸内環境を整えるのには水溶性食物繊維の摂取は欠かせません。

便秘が解消されることによって体の中で発生した毒素による肌荒れが改善されるだけでなく、不要なものがなくなることで必要な栄養の吸収率が増えるので、健康・美容に有効な栄養素の効果を高めます。

【高血圧予防】
水溶性食物繊維に多く含まれるアルギン酸は、血液中の塩分の吸収を抑える働きがあります。

塩分の排出を促すカリウムと結びついていることが多いため、塩分の吸収を抑えながら体外に排出することで血圧の上昇を防ぎます。

【中性脂肪を減らしコレステロール値の低下】
水溶性食物繊維は粘性があり、胃腸内の脂肪やコレステロールに吸着しながら排出を促します。胆汁酸なども吸収されるので、新たな胆汁酸の生成のため肝臓のコレステロールが使われるため、コレステロール値が低下していきます。

【血糖値の上昇を抑え糖尿病の予防に】
血糖値とは、血液中の糖質量のことです。糖質が摂取されると、インスリンというホルモンの作用により糖をエネルギーに変えて筋肉や肝臓に蓄えられ、血糖値を正常に保っています。

血糖値が急に上昇することが続くとインスリンを分泌する膵臓に負担がかかり、血糖値を正常に保つことが難しくなってしまいします。糖尿病になると、膵臓が正常に機能せずインスリンの分泌が滞ることによって、糖が変換できなくなり血糖値の調整ができなくなります。

水溶性食物繊維は胃腸内をゆっくりと移動するため、急激な血糖値の上昇を防ぎ、膵臓への負担を減らします。糖質の吸収を緩やかにすることで糖尿病の予防に効果が期待されています。

不溶性食物繊維の効果・効能

【腸の働きを活発にする】
不溶性食物繊維は腸の働きを活発にする効果があります。
水分を吸収して大きく膨らみます。腸に溜まった便のカサを増し、便の量を増やして出しやすくし、便秘解消の効果が期待できます。

体の中の老廃物を便として排出するのを促すため、便秘によって引き起こされていた肌荒れの改善にも繋がります。

【スポンサーリンク】

さらに美肌やコレステロールの低下に効果!

寒天には食物繊維のほかにも「アガロペクチン」という成分が含まれています。

アガロペクチンは寒天にだけ含まれる天然の栄養成分で、体に様々な良い効果をもたらします。アガロペクチンは角寒天や糸寒天には比較的多く含まれていますが、粉寒天は製造過程でアガロペクチンが減ってしまいます。

アガロペクチンには抗がん化作用があること、コレステロール値を下げることに効果が期待できると話題になりました。しかし健康効果だけでなく肌荒れの改善、しわやたるみの改善など美肌効果も期待できるのです。

血管の壁にある細胞で作られる一酸化窒素は、血圧を平常に保つために大きな役割を担っていますが、一酸化窒素が増えすぎると活性酸素が過剰に作り出されます。活性酸素は体の細胞を酸化させ老化の原因となります。

アガロペクチンは一酸化窒素が増加しすぎるのを防ぎ、過剰な活性酸素の生成を抑えます。これにより、肌が老化してしわやたるみができてしまうのを防ぐため、美肌効果があるのです。

ダイエットにも効果がある寒天!気になる寒天のカロリーや糖質は寒天、寒天ゼリーのカロリーや糖質は?ゼロ?ダイエットや便秘解消にも!をチェック!

ごはんと一緒に炊いて寒天を効率的に摂取

寒天の効率的な食べ方の一つで、ごはんと一緒に炊くのがよく知られています。しかし、食物繊維は取りすぎると便秘になったり、必要なビタミンの吸収を阻害するというデメリットもあるので、摂取量が重要となります。

寒天は1日どれくらい食べるのが効果的なのでしょうか。
また、ごはんと一緒に炊いて食事の際に摂取している方が多いですが、本当はいつ食べると良いのでしょうか。

食物繊維の摂取目標は17gです。普段の食事でこの12g程度は摂取できていると考えると、寒天の一日の摂取量の目安は6g程度で十分です。

寒天は水分を多く吸収し膨らむ性質があるので、ごはんと一緒に炊いたり食事のメニューにうまく取り入れることで胃の中で膨らんで
食べる量を減らすことができます。ごはんと一緒に炊く場合は、1合に対して1gが目安です。

もっと寒天の効果を引き出したいのであれば、食事の10分程度前に摂るのがおすすめです。

満腹感が一層得られてダイエットにも効果があるだけでなく、寒天の粘性で胃の中に留まって、食べたものがすぐに腸に流れて吸収されるのをゆっくりにしてくれるため、血糖値の急な上昇を防ぎ、コレステロール値を下げる効果が期待できるのです!

量が多いと便秘になる可能性もあるので、便秘になった場合は量を減らして試してみてください。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 14 =