松の実とは?栄養と効能、薬膳効果!摂取量や糖質、カロリー、代用品、食べ方まで教えます!

松の実

健康ブームによって、ナッツ類に注目が集まっています。栄養素が豊富で、薬膳としても効果効能を期待されている松の実も、このナッツブームに乗って、注目されています。

しかしナッツ類で気になるのは糖質やカロリーですよね。たくさん食べても問題ないのか、適正な摂取量も気になるところです。

外食したときに料理に使われていることはありますが、家ではどういった食べ方ができるのでしょうか。また、松の実は値段も少し張るので、代用品として使えるものがあればありがたいですよね。

気になることがたくさんの松の実。
今回は、『松の実とは?』『松の実の栄養と薬膳としての効果効能』『松の実の糖質やカロリーと適正摂取量』『松の実の食べ方と代用品で使えるもの』をご紹介します!

【スポンサーリンク】

松の実とは?

松の実とは、その名の通り、松の木の実です。松ぼっくりの中に入っている種子の胚芽の部分が松の実となります。この部分を生のままではなく、炒ったり揚げるなどして食べます。

日本でよく見られるクロマツやアカマツは、種子が小さいため食用の松の実としては流通していません。日本で食用として売られているものは中国やスペイン、イタリアなどのヨーロッパ産や北米産のものが流通しています。

人工的に栽培するのが難しいため、松の実は高級な食材として中華やイタリアンで幅広く使われています。また、中国では「長寿果」として宮廷料理や薬膳料理に必ずといってよいほど使われています。

松の実の栄養と効能!薬膳としての効果は?

中国では「1日3回、毎日松の実を食べ続けると仙人になれる」とも言われ、薬膳として使用されていました。今でも、漢方薬に使われ、補気養血、潤肺潤腸、潤沢皮膚などの効能があるとされています。

他にも、松の実に含まれる栄養は様々な効果効能があると期待されています。

【アレルギーやアトピー症状の緩和】
松の実に含まれているピノレン酸は、炎症や発熱、アレルギーを抑え、血栓を起こりにくくする働きがあります。

ピノレン酸はオメガ3系の不飽和脂肪酸で、リノール酸などオメガ6系の脂肪酸とのバランスが崩れるとアレルギーや炎症を起こしやすくなると考えられているそうです。

近年はオメガ6系の脂肪酸の過剰摂取が問題視されているため、オメガ3系の脂肪酸であるピノレン酸を十分に摂取することで、これらのバランスを整え、アレルギーやアトピー症状の緩和に効果があると考えられています。

【ダイエット効果、冷え症改善】
ピノレン酸は食欲を抑制するホルモンの分泌を促す作用があることからダイエット効果があると期待されています。

また、ピノレン酸は血流を改善し、代謝をアップさせる効果があるため、ダイエットに効果があるとされています。血流を改善することによって体を温め、冷え症の改善にも効果があります。

【便秘解消効果】
松の実に含まれているオレイン酸などの不飽和脂肪酸は腸内を潤し、排泄をスムーズにしてくれる働きがあります。

また、食物繊維も豊富に含まれているため、腸内環境を整えてくれるので便秘解消効果が期待できます。

【貧血の改善】
松の実は鉄分が豊富で、造血作用の高い亜鉛の含有量も多いです。亜鉛の豊富さから松の実は「陸の牡蠣」とも呼ばれています。

この鉄分と亜鉛の働きによって貧血を解消し、冷え症の改善にも繋がります。

【美肌効果】
松の実に含まれるビタミンB群は代謝をよくし、肌トラブルを防いで肌を健康な状態に保つ働きがあります。

鉄分や亜鉛による貧血改善や、血行促進効果により、クマやくすみを改善し、肌のターンオーバーを正常化する効果も期待できます。

ビタミンEは抗酸化作用が高く、肌が老化するのを防ぐ効果もあります。ビタミンEはなんとゴマの10倍と言われいます。

【スポンサーリンク】

松の実の摂取量は?

松の実は意外とカロリーが高く、過剰摂取してしまうと血栓を起こしたりがんの発生率を高める危険性があるといわれています。食べ過ぎには十分注意し、1日の摂取量を守って食事に取り入れる必要がありそうです。

松の実の1日の適正摂取量は10粒から20粒ほどです。下痢を起こしやすい方は20粒でも症状が出る場合がありますので、体質に合わせて量を調整するようにしましょう。そのままぽりぽりと食べているといつの間にか食べ過ぎてしまうので注意しましょう。

糖質やカロリーはどのくらい?

松の実のカロリーは100gあたり669kcal、糖質は100gあたり6.9gです。この数字だけ見るとかなり高い印象になってしまいますが、1日の適正摂取量を考えると4g、でカロリーは26.9kcal程度になるため、それほど神経質にならなくても良さそうです。

松の実の食べ方や味は?松の実の代用品ならコレ!

口に入れるとほんのりと優しい甘さと独特の風味が口の中に広がります。そのまま食べても、独特の香りがあって美味しいのですが、フライパンで軽くきつね色にローストする事により、香ばしさが引き立ち、美味しさがグンっとあがります。

スーパーに並んでいるものはローストされているものも多いので、そのまますぐに使えるのでいいですね。ローストされたものはそのままサラダにトッピングしたり、アーモンドの替わりにケーキに入れたりしても美味しく食べられます。小腹が空いたときのおやつにも!

フードプロセッサーやミキサーをお持ちでしたら、パスタソースにするのがオススメです。生のバジルと松の実を使うと、本格的なバジルソースが簡単にできてしまうんですよ!生のバジルが手に入らないときはバジルペーストでもOKです。

これさえ作ってしまえば、自宅で本格的なジェノベーゼが食べられちゃいますよ♪人気第1位のレシピをご紹介します。

【松の実で本格ジェノベーゼソース】

  1. 洗ったバジル200gの水気を切り、松の実120g、オリーブオイル400ml、塩少々をミキサーにかける
  2. 全体が混ざったら、パルメザンチーズ80gを加え、サッと混ぜる
  3. 保存容器に入れ、オリーブオイルを適量入れれば出来上がり!

松の実は値段が高いので、替わりにくるみやアーモンドを代用品として使っても美味しくなりますよ!さらに超簡単松の実レシピをご紹介!

【ほうれん草と松の実のおひたし】

  1. ほうれん草1袋を沸騰したお湯で2分ほど茹で、ざるで絞る
  2. ボウルに松の実・めんつゆ・すりごまを大さじ1ずつ加え、ごま油小さじ1を入れて和える

和えるだけで簡単なので、1品プラスしたいときにオススメです!是非試してみてください!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =