ローズウォーター(飲用・化粧水)の効果効能!毛穴や乾燥肌などお肌のケアに!

ローズ

バラの香りは女性の心を癒してくれますよね。今、飲用としても化粧水としても女性に人気の「ローズウォーター」をご存知ですか?

ローズウォーターはバラの花びらと水だけで作られているので、オーガニックコスメとしても人気です。天然100%のローズウォーターは子供から妊婦さんまで安心して使えるのが嬉しいです。

安心して使えるだけでなく、効果もしっかりあって、毛穴の開きや乾燥肌にも効果があるという噂のローズウォーター。健康で綺麗な肌を手に入れたいと願う女性に今注目されています。

化粧水としてだけでなく、飲むことでも得られる効果があるのだとか!

そこで今回は『飲用・化粧水として使ったときのローズウォーターの効果効能』や、『毛穴や乾燥肌に効果的なローズウォーターの飲み方・使い方』『手作りローズウォーターの作り方』をご紹介します。

日頃のケアに取り入れてみてくださいね!

【スポンサーリンク】

飲用・化粧水としての効果効能!毛穴や乾燥肌の悩みに!

ローズウォーターは、その華やかな香りだけでも様々な効果があります。

【強壮作用】
華やかな香りによって、ドーパミンが分泌され、ホルモンバランスの調整に作用することにより、イライラしたり、ストレスが溜まるのを軽減してくれる効果があります。

また、女性ホルモンにもいい影響を与えて、生理不順や更年期障害にも効果があるとされています。

飲用としてのローズウォーター

バラの産地の一つであるブルガリアでは昔からローズウォーターを飲む風習があったのだそうです。

日本でもテレビで芸能人が使っているということがわかり、人気が出て、今では通販サイトやオーガニックコスメを扱っているお店などで購入することができます。

美容効果への期待はもちろんですが、リラクゼーション効果を求めて飲む方が多いようです。

【抗菌作用】
ローズウォーターは抗菌作用があるためマウスケアとして使われることも多いです。食事の後などにスプレーすれば華やかな香りが口の中に広がり、口臭ケアになります。

また、帰宅後のうがいのときに使えば、ホコリや花粉など、喉の不快感をやわらげてくれる効果があります。インドやイランなどの地域では宗教上アルコールが禁止されているので、お菓子や料理の香り付けにも使われているそうです。

化粧水としてのローズウォーター

【保湿作用】
ローズウォーターの一番の効能は保湿です。クリームなどと違ってべたべたしないので、場所や天気、時間を気にせず使えるのが嬉しいです。スプレータイプで吹きかけてもよし、コットンに馴染ませてもよしで使い勝手は抜群です。

肌が乾燥すると、肌は乾燥を防ぐために皮脂を分泌します。皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まりを起こし、毛穴が目立ってしまいます。

ローズウォーターでしっかりと保湿することによって過剰に皮脂が分泌されるのを防ぎ、毛穴を引き締める効果が期待できます。

【抗炎症作用】
にきびや肌荒れなどの炎症や赤みを抑える効果があります。添加物の入っていないものを選べば、敏感肌の方でも気にせず使うことができます。

【鎮静作用】
夏の時期の日焼けやほてりを冷ますのにもローズウォーターが効果的です。
冷やしたローズウォーターを使えば、ヒヤっと気持ちよく爽快感も感じられます。

【抗菌作用】
抗菌作用のあるローズウォーターは肌を清潔に保ち、健康な肌を維持します。

【スポンサーリンク】

自宅でも!ローズウォーター化粧水の作り方

ローズウォーターだけでも化粧水として使えるのですが、もう少し保湿力が欲しいと感じる方のために、自宅でも簡単にできるローズウォーター化粧水の作り方をご紹介します。

必要なものはローズウォーターとグリセリンだけ!薬局やドラッグストア、amazomでも購入できますので、是非試してみてください。

手作りの化粧水は防腐剤などが入っていないため肌には優しいですが、作りすぎて使用するまでに時間が経ってしまうと劣化してしまうので、2週間ほどで使いきれる量でこまめに作るようにしましょう。

  1. 消毒した遮光瓶にグリセリン5mlを入れる
  2. ローズウォーター45mlを入れ、良くふって混ぜる

これで完成です。作った化粧水は冷蔵庫に入れて保管するようにしてください。

グリセリンは、量が多いと乾燥の原因になってしまうので、5ml以上は入れないようにしましょう。

お風呂上りや、寝る前の時間にたっぷり使って、肌も心もリラックスさせてあげてくださいね。

海外のお土産で人気のローズウォーター

ローズウォーターは、自分で使うだけでなく、プレゼントとしても女性に喜ばれるアイテムです。ブルガリアはバラの生産が多いため、ローズウォーターもブルガリアのものが多い印象があるかもしれませんが、世界中様々なところでローズウォーターは売られています。

インドネシアのバリは、オーガニックコスメの聖地といわれるほど無添加で肌に優しいコスメがたくさんあります。もちろんローズウォーターも、スーパーで買える程度のものから高級なものまで価格も種類も様々です。
国内で買うよりも安く手に入れることができるので、お土産としても人気です。

ローズウォーターの産地いろいろ

ローズウォーターに使われているバラは7から8割がブルガリアで栽培されたダマスクローズという品種のものが使われています。「バラの谷」と呼ばれる気候と土壌の条件が整った場所で栽培されているので品質のよいバラが育てられているのです。

トルコもダマスクローズの産地として条件が整っている土地です。バラの中でも香りがよく栽培量が多いため、ダマスクローズから作られるローズウォーターは初めて使う方にはおすすめの種類です。

ダマスクローズに次いで、ローズウォーターの原料として使われているバラはセンチフォリアローズという品種です。南フランスやイタリアをはじめとしたヨーロッパや、モロッコで生産されています。ダマスクローズから生まれた品種で、芳醇な香りが特徴のバラです。

産地によってバラの香りは変わってきますので、是非色々試してみて、お好みのローズウォーターを見つけてくださいね。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =