ライスミルクの栄養と効果効能!便秘に効く?糖質、カロリーや甘酒との違いは?

ライスミルク

2015年からひそかなブームを巻き起こしているライスミルクをご存知でしょうか?
栄養が豊富で便秘解消や美肌効果などさまざまな効果効能も期待できるライスミルクは完全植物由来のため、ベジタリアンの方やアレルギーのある方によく飲まれています。

しかし、米から作られるライスミルク、気になるのはやはりカロリーと糖質ですよね。また、同じく栄養が豊富な甘酒とはどんな違いがあるのでしょうか。

そこで今回は、『ライスミルクの栄養と便秘解消などの効果効能』と、『ライスミルクのカロリーと糖質量』『ライスミルクと甘酒との違い』をご紹介します。

家庭で簡単に作れるライスミルクの作り方やオススメのデザートレシピもご紹介しちゃいます!

【スポンサーリンク】

ライスミルクとは?

少しずつ知られてきていますが、ライスミルクとはどういうものか、詳しくご存知ない方もまだいらっしゃるのではないでしょうか。

ライスミルクとはその名のとおり、お米から作られたミルクのことで、牛乳や豆乳に続いて「第三のミルク」とも呼ばれています。

白米や玄米などが使われており、そこに植物油や塩などが味の調整のために加えられています。牛乳のアレルギーの方や、ベジタリアンの方などを中心に飲まれている、欧米では人気の飲み物なのです。

ライスミルクは豆乳のように絞るのではなく、米に水を加えて一体になるまで混ぜ合わせて作ります。米の栄養素をそっくりそのまま凝縮されているのです。

味は米の自然な甘さで、豆乳のようにクセはなく飲みやすいそうです。「体にいいものはまずい」というイメージが強いですが、ライスミルクはその心配はなさそうですね。

ただし、たんぱく質やカルシウムの含有量は牛乳に比べると少ないようです。

ライスミルクの中には、カルシウムなど栄養素を添加したものもありますが、栄養豊富だからと言って油断せず、バランスの良い食事を心がけるに越したことはなさそうです。

ライスミルクの栄養と効果効能!便秘に効く?

原料が白米か玄米かによって、ライスミルクに含まれる栄養素は若干の違いが出てきます。より栄養価の高いほうを選ぶのであれば、玄米から作られたものを選ぶようにしましょう。ここではライスミルクの主な栄養素と期待できる効果効能をご紹介します。

【ダイエット効果】
ライスミルクは牛乳と比べてヘルシーで、しっかりと栄養を摂りながらカロリーや脂肪分を減らすことができます。また、玄米はビタミン類が豊富に含まれており、ビタミンB1、B2は脂肪の分解や新陳代謝を促進する効果があります。

【むくみ防止】
米にはミネラル類が豊富で、特に玄米はカリウムが豊富です。カリウムは体に溜まった余分な塩分を排出してくれる働きがあり、むくみを解消する効果が期待できます。

【便秘解消・デトックス効果】
玄米にはフィチン酸という成分が含まれています。フィチン酸は体に溜まった毒素と結合し、排出する働きがあります。また、食物繊維もしっかりと含まれているので、腸内環境を整え、便秘解消やデトックス効果が期待できます。

体の中の老廃物や毒素が排出されることによって、肌荒れやニキビなどの改善や、免疫力アップなどの効果もあります。

【毛穴を目立たなくする・美白効果】
ライスミルクは料理に使ったり飲んだりするだけでなく、化粧水の替わりに使う方法もあるようです。毛穴の汚れや不純物を取り除いてニキビの改善や顔の余分な皮脂やテカリを抑える効果があると言われています。また、紫外線やホルモンの変化によるシミに効果があると言われ、美白効果も期待できるそうです。

【スポンサーリンク】

ライスミルクの糖質やカロリー

ライスミルクのカロリーは、コップ1杯分で約66kcalです。お米から作られているのでカロリーが高いと思いがちですが、意外とヘルシーで、牛乳と比べると約半分ほどになります。

糖質量もコップ1杯分で約7gと少なめです。糖質制限中でも少しくらいなら飲んでも大丈夫そうです。しかし、牛乳よりも炭水化物の量が多くなっているので、飲みすぎには注意するようにしましょう。

ライスミルクを効果的に摂取する飲み方は、朝食替わりに飲むか、仕事の合間のおやつの替わりに飲むと空腹感が抑えられてオススメです。

また、シチューやスープ、ケーキなどお菓子づくりのときに牛乳の替わりにライスミルクを使うことによって簡単にカロリーカットすることができます。

甘酒との違いは?

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養素が豊富です。甘酒も同じく米から作られているはずなので、「ライスミルクって結局、甘酒のことなの!?」と思いがちですが、実はこの二つは別物です。

ライスミルクは米を水で煮て、一体になるまで混ぜ合わせたものです。これに対して甘酒は米麹か酒粕から作られます。甘酒と比べるとライスミルクはカロリーが低く、味はクセがなく子供でも飲みやすいのが特徴です。

ライスミルクのアレンジレシピ

ライスミルクは栄養価が高いのですが、少々値段が高いというのが難点です。そこで、リーズナブルにライスミルクを飲むために、ご家庭で簡単に作れるライスミルクの作り方をご紹介します。

最近、小麦粉の替わりに米粉を使ったパンやケーキなどがよく目に付くようになりましたよね。その米粉を使って、簡単なライスミルクを作ることができるんです。

【米粉で簡単ライスミルク】

  1. 水1カップ、米粉小さじ2、砂糖小さじ1と植物油小さじ1/2、塩少々を鍋に入れ、泡だて器でよく混ぜる
  2. 米粉のだまがなくなったら、中火にかけて混ぜながら加熱する
  3. 沸騰してそのまま1分ほど加熱して出来上がり!

混ぜて温めるだけなので作るのも苦になりませんね!サッと作って料理に使えば簡単にカロリーカットできそうです。

【ライスミルクで簡単アレンジプリン】

  1. カラメルは砂糖50gと水大さじ3を鍋に入れ、鍋を回しながら弱火で茶色く色づくまで加熱し、火から下ろす
  2. すぐに熱湯大さじ2を加え、混ぜる
  3. 再び弱火にかけ、塊がなくなるまで溶かす
  4. カラメルを型に分けて流しいれておく
  5. 全卵2個、卵黄2個をボウルで混ぜ合わせておく
  6. ライスミルク400ccと砂糖60gを鍋に入れ、砂糖が溶けるまで加熱する
  7. 粗熱をとり、溶いた卵に少しずつかき混ぜながら加えていく
  8. バニラエッセンスで香り付けし、濾しながら型に流しいれる
  9. 深さのあるバットに型を並べ、熱湯を2cmほど注いで150℃のオーブンで40分ほど蒸し焼きにする
  10. 竹串などで刺して固まっていれば簡単デザートの出来上がり!

工程は多いですが、意外とやってみると簡単です!カロリーカットしながら美味しいデザートが食べられます。是非試してみてくださいね♪

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =