プルーンの効果!栄養成分が美肌、便秘、貧血、目に良い!1日何粒が効果的?

プルーン

プルーンが目に良いというのは何となく昔から言われています。
今ではプルーンやブルーベリーのサプリメントなども多く売られており、スーパーやインターネットの通販でも簡単に手に入れられるようになりました。

おやつにしたり、ジャムにしてパンに塗ったりヨーグルトに入れたり、美味しくて身近なものとなっているプルーンですが、目に良いほかにも美肌や便秘解消、貧血の改善など、さまざまな嬉しい効果がたくさんあるというのです!

女性に嬉しい効果がたくさんのプルーン、生のものよりもドライフルーツのものをよく見かけますよね。スーパーや通販で簡単に購入できて、しかもさまざまな栄養成分が含まれているプルーンは1日に何粒食べるのが効果的なのでしょうか。

そこで今回は、『プルーンの効果』と『美肌や便秘解消、貧血にも効くプルーンの栄養成分』、『1日何粒食べるのが効果的なのか』をご紹介します!

プルーンの嬉しい健康・美容効果を知って、今までよりももっと身近に、積極的に日々取り入れていきましょう!

【スポンサーリンク】

プルーンの効果と栄養成分は?美肌、便秘、貧血や目にいいのは?

さまざまな栄養素のあるプルーンですが、どのような女性に嬉しい効果があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。その多くの健康・美容効果に早速、生活に取り入れたくなりますよ!

【アンチエイジング・美肌効果】
プルーンには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。体内に増えすぎてしまった活性酸素を除去する働きがあり、体の器官や細胞がサビるのを防ぎます。体の器官や細胞がサビてしまうと、老化や病気の原因となってしまいます。

細胞がサビると体が疲れやすくなり、シワやたるみなど老化の原因となります。また、血管が硬くなり動脈硬化や脳梗塞の原因となったり、がんを引き起こす可能性もあります。

プルーンに含まれるポリフェノールは、活性酸素を除去して肌の代謝を良くし、美肌効果・アンチエイジング効果に期待できるだけではなく、活性酸素によって引き起こされるさまざまな生活習慣病の予防やがん予防に効果的です。

【便秘解消効果】
便秘になってしまうと体の中に老廃物が蓄積されて毒素がたまり、肌荒れやニキビの原因となったり、腹痛や吐き気をもたらします。プルーンには水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれており、善玉菌のエサとなって腸内環境を整え、便秘解消を促します。

【貧血の改善】
プルーンには造血作用のある成分の含有量が多く、貧血の改善にも効果があります。ビタミンB6や葉酸、鉄分が豊富で、鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富です。

葉酸は妊娠中には欠かせない栄養素の一つで、不妊にも効果がある成分です。不妊に悩んでいる方や、妊婦さんは積極的に摂りたい栄養素です。

【疲れ目や視力回復】
プルーンやブルーベリーに含まれているアントシアニンと呼ばれポリフェノールは、網膜の働きを助け、視力回復や疲れ目に効果があります。アントシアニンはビタミンAと一緒に摂取することで効果が高くなりますが、プルーンにはビタミンAも豊富に含まれているため、目に良いとされているのです。

【美髪効果】
鉄分、亜鉛、カリウムなどのミネラルが豊富なプルーンは美髪効果、育毛効果が高いです。ミネラルの吸収を助けるカロテンやビタミンCも豊富で、効率的に栄養素を取り入れることができます。

【生理不順や不妊】
プルーンには、女性ホルモンのエストロゲンを活性化させる働きを持つボロンが含まれています。ボロンには女性ホルモンの濃度を倍にするとも言われている効果があり、ホルモンバランスの乱れによる生理不順や不妊に効果が期待されています。また、プルーンにはエストロゲンと似た働きをするフィトエストロゲンも含まれています。

【歯や骨を健康にする】
プルーンには骨や歯の成分となるカルシウムやマグネシウムが豊富です。骨や歯の健康を保ち、骨粗しょう症を予防することができます。

【むくみ改善】
カリウムが豊富なプルーンはむくみの改善に効果があります。カリウムは体内にたまった塩分を尿として外に排出する働きがあるのでむくみを軽減させてくれます。高血圧の予防や夏バテ予防にも効果的です。

【スポンサーリンク】

プルーンは1日何粒が効果的?

美容や健康効果の高いプルーンですが、1日あたりどれくらい食べれば効果的なのでしょうか。
1日の摂取量の目安としては200kcal程度が良いとされています。ドライプルーンであれば85g程度、食べる個数としては8粒から11粒くらいが目安です。

食物繊維だけでみると、1日の必要摂取量が20gなため、ドライプルーンだと約20個程度となりますが、毎日100g、10粒から12粒のプルーンを食べると消化器官の健康効果が上がったという発表もあるようです。

食べ過ぎると下痢を起こしてしまうこともあるので、特に子供に食べさせる場合は様子を見ながら少しずつ食べさせるようにしておきましょう。

プルーンの気になるカロリー、糖質や食べ過ぎによる影響については、プルーンの糖質、カロリー(1粒)は?食べ過ぎは良くない?何個が良い?食べ方のオススメも教えます!に詳しく書いていますので、是非こちらも見てみてくださいね。

プルーンは、さまざまな形で売られていますが、オーガニックショップや通販で無添加のものを選ぶようにすると、妊婦の方でも子供でも安心して食べることができます。

毎日の間食やおやつをプルーンにかえるだけでも、得られる効果は全然違います。是非、子供さんだけでなく家族全員でプルーンを積極的に食べて、プルーンの健康・美容効果を実感してみてくださいね!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − 5 =