コーヒーの効果と時間!がんや美肌、便秘や眠気に!インスタントの効果は?

コーヒー

朝、起き抜けや食後のほっこりした時間、夜中のもうひとがんばり!というタイミングに重宝するコーヒー。

実は、眠気覚ましだけでなく、便秘解消やがん予防、美肌効果など、健康と美容に効果があるのを知っていますか?

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、効果を知って効率的に飲むようにすれば、これまでよりも思わぬ効果が得られるかもしれません。
インスタントコーヒーばかりという方は、効果に違いがあるのかも気になりますよね。

今回は、『がんや美肌、便秘や眠気にも効く?コーヒーの効果と持続時間』『インスタントの効果』についてご紹介します。

美味しいコーヒーの淹れ方もご紹介しますので、是非試してみてくださいね!

【スポンサーリンク】

コーヒーの効果!がんや美肌、便秘や眠気にも!?

いつも飲んでいるコーヒーにはどんな効果があるのでしょうか。コーヒーに期待できる健康・美容効果をご紹介します。

【ダイエット効果】
カフェインには脂肪燃焼を促進する効果があります。
飲むタイミングについては後ほど詳しくお伝えしますが、効率的にカフェインを摂取することによって、血中の脂肪酸の濃度が上がり、脂肪を燃焼しやすくなります。

良質な無塩バターを使った、「バターコーヒー」もダイエット効果があると話題になっていましたよね。

【アンチエイジング効果】
意外と思われるかもしれませんが、コーヒーには抗酸化作用の高い物質が多く含まれています。

しかも、この抗酸化物質は野菜や果物よりも含有量が多く、吸収率も高いため、アンチエイジング効果があり、シミやしわの改善など、美肌効果が期待されています。

【消化促進・便秘解消効果】
コーヒーに含まれるカフェインには胃腸を活発にする働きがあります。そのため、食後にコーヒーを飲むことで食べたものの消化を促進し、便秘解消効果があります。

また、コーヒーに入れる牛乳などの乳製品も、腸内の環境を整える効果が期待でき、便秘解消効果をアップさせます。

【糖尿病予防】
空腹時にコーヒーを飲むと、血糖値を下げる働きをするミトコンドリアという器官を活性化させる作用があります。そのため、糖尿病予防に効果があるとして、空腹時にコーヒーを飲むことが推奨されています。

ただし、カロリーや糖質の低いブラックコーヒーに限り、砂糖や牛乳を入れたものは控えるようにしましょう。

また、すでに糖尿病を発症している方は、血糖値を下げる薬剤の効果を阻害してしまうため、コーヒーは控えるようにしましょう。

【眠気覚まし・覚醒作用】
コーヒーに含まれるカフェインは、睡眠物質であるアデノシンに抵抗する作用があります。また、カフェインは交感神経を刺激し、アドレナリンの分泌を促して脳を覚醒させる作用があります。

【がん予防】
コーヒーに含まれるクロロゲン酸はがん予防に効果があると考えられています。

20年以上に渡って行われた研究結果によると、肝臓がんの発症リスクを減らす効果については「ほぼ確実」、子宮体がんについては「可能性あり」と発表されています。

コーヒーの副作用について

コーヒーには嬉しい効果もたくさんありますが、飲みすぎると副作用の症状が出てしまう場合もあります。
お酒やタバコのように直接的な問題にはなっていませんが、カフェインは刺激が強いため、特に妊婦さんや小さなお子さん、赤ちゃんは摂取を控えるようにしましょう。

コーヒーがどうしても飲みたいという妊婦さんは、カフェインレスのコーヒー(デカフェ)など、カフェインが含まれていないものや、含有量の少ないものを選ぶように心がけましょう。

【精神障害の可能性】
コーヒーを飲むと、カフェインによって、アドレナリンなどの興奮ホルモンが分泌され、気持ちが高ぶっている状態になります。

耐性のない方や続けて飲みすぎてしまった場合は、脳や体が休みたいのに休めない状態になってしまい、夜眠れないなど不眠症を引き起こしてしまうことがあります。

また、そわそわしたり、不安感や焦燥感がつのり、うつ病やパニック障害を引き起こしてしまう可能性もあります。

【心疾患の可能性】
交感神経が興奮することによって、脳が心臓に対して血液を送り出すように命令を送ります。この状態が続くと、心臓の負担が増えて不整脈を引き起こしやすくなります。
また、血圧が上昇しやすくなり、心疾患や生活習慣病の原因ともなります。

【スポンサーリンク】

効果の持続時間は?

眠気覚ましのためにコーヒーを飲むという方が多いかと思いますが、では、コーヒーの覚醒作用の持続時間や、効果が得られるタイミングはいつなのでしょうか。

コーヒーを飲んで、覚醒効果が得られるのは、飲んでから30分後からで、40分から50分後に効果がピークで、5~7時間ほど効果が持続すると言われています。

ただし、カフェインの効果には人それぞれで個人差があり、普段からコーヒーを飲む習慣のある方はそれほど効果は期待できません。また、ミルクや豆乳が入ったコーヒーよりも、ブラックのほうがカフェイン量が多く、寝覚め効果が高くなります。

コーヒーのダイエット効果を最大限得られるタイミングは、運動の20分から30分前です。
このタイミングでコーヒーを飲めば、脂肪燃焼効果が高くなり、効率的にダイエット効果を得られるようになります。

なお、コーヒーの100ccあたりのカロリーは約4kcal、糖質は約0.7gになります。砂糖やミルクを加えなければ、カロリーと糖質は低めです。

インスタントも効果はあるの?

インスタントコーヒーは、ドリップなどレギュラーコーヒーよりも風味や味は落ちますが、成分にはほとんど違いがないので、十分にコーヒーの効果を得ることができます。

ただし、味を調えるためにミルクや砂糖を入れすぎてしまうとカロリーや糖質が増え、思ったように効果が得られない場合もあるため注意しましょう。

コーヒーの豆知識!

身近な飲み物であるコーヒーですが、オシャレなお店になるほど、「カフェラテ」や「カフェモカ」、「カプチーノ」などさまざまな種類のものがあります。

ところで、この違いについて、ちゃんと説明できますか?そのちょっとした疑問にお答えします!

カフェラテとカフェオレ、カフェモカ、カプチーノの違い

まずはじめにカフェオレの「オレ」も、カフェラテの「ラテ」も同じ「牛乳」を意味する言葉です。

  • カフェオレ
  • コーヒー豆をドリップ抽出したものに温めた牛乳を入れたもので、比率は1対1です。

  • カフェラテ
  • エスプレッソ抽出したものに温めた牛乳を入れたもので、比率は2対8になります。

  • カプチーノ
  • エスプレッソ抽出したものに泡立てた牛乳を入れたものです。

  • カフェモカ
  • エスプレッソ抽出したものに温めた牛乳とチョコレートシロップを混ぜたものです。

普段何気なく飲んでいたカフェオレやカフェラテなどには細かい違いがあったのです。これを知れば、もっとコーヒーを楽しめそうですね!

美味しいコーヒーの淹れ方

最近では、美味しいコーヒーの淹れ方を学べる教室などもあり、家庭でもこだわりのコーヒーを淹れたいと思っている方が増えています。

しかし、一言にコーヒーと言っても、豆の種類はたくさんあり、コーヒーミルやサイフォン、フレンチプレスなど道具もこだわればこだわるほど多くのものをそろえなくてはいけなくなります。

「まずは形から!」という方は是非、道具を揃えて挑戦してみてもよいですが、初心者のうちは、「スーパーで買える豆を、いかに美味しく淹れるか」を考えるだけでも、ずいぶん味は変わってきます。

ここでは、市販の豆をペーパードリッパーを使って淹れるときの、美味しい淹れ方をご紹介します。

【美味しいコーヒーの淹れ方】
1杯分(約140cc)のコーヒー粉は10から12gが適量ですが、お好みで調整してください。カップやソーサー、ドリッパーやサーバーはあらかじめ温めておきましょう。お湯の温度は95度が適温です。

  1. ペーパーフィルターの底の接着部分を外側に折り、側面の接着部分を手前に折って、ドリッパーに押さえつけるようにセットする
  2. フィルターにコーヒー粉をいれ、全体が均等になるように軽く叩いて均す
  3. 20ccのお湯を全体に行き渡らせるようにそっと注ぎ、20秒蒸らす
  4. コーヒー粉の中心に「の」の字を書くように80cc注ぐ。水面が1/3ほど下がったら40cc、さらに20ccと3回に分けてやさしく注ぐ
  5. サーバーのコーヒーをカップに注いでできあがり

コーヒーのカスが、全体的に均等になっていて、小さな泡がついている状態であれば、雑味のないコーヒーが淹れられた証拠です。

思ったよりも難しいですが、上手に淹れられれば全然味が違うことにびっくりするはずです!是非、試してみてくださいね。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + thirteen =